賃借と抵当の権利

抵当と賃借の権利では

抵当権と賃借権について

抵当権が設定されていない物件を借りている場合、借りている物件に新しく抵当権が設定されたとしても借り手を保護するために賃借権が認められます。そのため、もし仮に物件が競売にかけられた場合でも新しい貸主に主張でき、新しい貸主より退去を求められても退去する必要はありません。しかしながら、抵当権が始めから設定されている物件を借りた場合、競売により新しい貸主になっても賃借権を主張できずに、退去をしなければなりません。

↑PAGE TOP