記載内容を確認しよう

記載内容を漏れず確認

不動産賃貸は契約書を作成

居住用、事業用を問わず、不動産賃貸物件を契約する際は、しっかりとした賃貸借契約書を取り交わしましょう。自分の気に入った物件がありそれを借りようとする場合、物件の構造や間取り、耐震性・耐火性の有無など重要事項のほか、契約期間や契約賃料、敷金、礼金、仲介手数料、との契約に関しての特記事項など、その契約に必要な事項をその物件を取り扱う不動産仲介業者にから説明を受けることになります。そういった説明に十分納得できれば、それらの事項を織り込んだ契約書を業者が作成されることとなりますが、記載内容に間違いがないかをよく確認しておくことが望ましいです。

賃貸物件には様々な種類がある

不動産会社が取り扱っている賃貸物件には学生向けのワンルームマンションや家族で住むことができる戸建てまでと非常に幅広い物件を取り扱っています。ワンルームマンションは非常に安い金額で入居することが可能ですが、戸建ては金額が高い傾向があります。しかし、不動産会社は仲介に入っているだけなので賃貸物件には管理会社があり、入居中のトラブルに関しては管理会社が対応することになります。そのために、物件の契約は管理会社と契約をすることになるために、管理会社が指定する各種保険に加入する必要があります。その指定する保険に加入しない場合には入居ができない仕組みになています。

↑PAGE TOP