新築マンション事情

新築マンションの定義とは

新築マンションの価値の下落

新築マンションの定義は、「築年数が1年未満」ということと、「それまでだれも住んだことがない」ということの2つの条件を同時に満たしていることです。購入して住むと、その時点で中古になってしまうので、価値が大きく下落します。下落の幅はケースバイケースですが、1割以上も価値が落ちることもあります。新築マンションを購入する時は、老後まで住むつもりなのか、途中で住み替えをするのかについてもよく考えて、将来も価値があり続ける物件であるかどうかについても予想しておきましょう。

↑PAGE TOP