不動産について

安心で安全な不動産とは

眠っている不動産はありませんか

お金や株券等を動産と言います。土地や建物のことを不動産といいます。土地のままだと財産なので税金が毎年4回かかります。土地の面積に対して計算されるのでかなりの金額です。住まなくなった建物も放置したままだと、老朽化がますます進みます。土地のみ状態に新たな建物を建設して賃貸等に利用すると節税対策にもなります。建物が建っていると税額が変わってくるからです。建物もリフォームして賃貸などに利用すると、家賃収入が期待できます。

↑PAGE TOP